葬儀における家族葬とは

近年、葬儀の中でも家族葬を行う人が増加傾向にあることをご存じでしょうか。一昔前はそこまで親しくなくても葬儀に参列するといったスタイルが主流でしたが、時代の移り変わりとともに葬儀のスタイルも大きく変化しているということを頭に入れておきましょう。

家族葬が増えてきている理由のひとつに、費用負担が抑えられることがあげられますが、もちろんそれだけではありません。家族葬は本当に親しい人だけで行うことができますので、そこまで親しくないもののお付き合い上呼ぶといった事態を避けることが可能です。そうすることによって余計な気を遣わなくてすみますので、亡くなった人とのお別れに集中することが可能です。最期はゆったりした気持ちで故人と過ごしたいという思いを実現することができるのが家族葬であり、多くの人に支持されている葬儀のひとつだと言うことができます。

親族は3等身以内と言われています。しかしその全ての人と生前親しくしていたわけではないという人もいるでしょう。そのため全員に案内をする必要はありませんが、亡くなったということを伝えなくてはなりません。後々誤解を招かないようにするためにも故人の親しい友人を含む周囲の人たちへの連絡は怠らないように気をつけましょう。

また、高齢になるにしたがって故人の交友関係の全てを把握することは困難を極めます。こういった超高齢化社会の到来も家族葬の増加に繋がっているのでしょう。他にも今流行りの終活におけるエンディングノートによって家族葬を選択する人も増えてきているなど、時代の流れが家族葬の増加を後押ししていると言うことができます。

このように多くの人に支持されている家族葬は、自由なスタイルで行うことが可能です。好きな音楽や映像を流したりすることも可能ですし、何より世間体を気にする必要がありません。親しい人たちと故人との思い出話をしたりゆっくりと最期を過ごすことができるところも魅力です。近年増加傾向にある家族葬について知るとともに自身がどのような葬儀のスタイルを希望するのかを一度考えてみるというのもひとつの考え方だと言えます。